崔天凱駐米大使、「中国製造2025」への憂慮は不要

2018-05-14 15:29  CRI

00:00:00
00:00:00

 米国駐在の崔天凱中国大使は現地時間11日にワシントンで、米国の政策シンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)主催の「中米関係40年」のシンポジウムに参加した際、「一部の米国人は『中国製造2025』に憂慮しているが、これはまったく必要がないことだ」と述べました。

 崔大使は席上、「大小を問わず、世界中の国々は、いずれもハイテク分野で先を争っているが、中国も例外ではない。これはまったく正常なことだ。『中国製造2025』は中国が自国の産業発展に定めた目標だが、これらの目標の実現は他国を排除するを代価にしない。事実、この計画は中国企業、米国企業、世界各国の企業に開放している」と述べました。

 さらに、「当面の中米経済貿易問題が突出していることから、双方は互いの利益と関心事に配慮し、食い違いを適切にコントロールすべきだ。すべての問題を一括的に解決できないものの、短期的な問題の解決案を見出しながら、中長期的な構造性問題の解決の糸口を探していく」と提案しました。

 崔大使はまた、「これまでの40年、中国経済の成長は開放した条件下で得られたもので、これからも高品質な成長を実現するために、より開放された条件のもとで進まなければならない。いま、中国では多くのハイテク分野は追いかける段階にあり、対外開放を堅持し、他国との学び合いを続けて初めて、更なる進展を遂げるだろう」と述べました。そして、「これまでの40年、互恵共栄の経済貿易協力は中米関係の安定器と推進器であり、両国経済の緊密な融合、両国のマクロ経済の景気ぶりは、互いにとっても重要なことである。米国経済の持続的繁栄を望み、米国も中国の経済発展から利益を得られることを願っている」と期待を寄せました。(Lin、星)

コメント()

ラジオ番組
12月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同