農業の対外開放の新局面、内外から注目が集まる

2018-05-16 13:22  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_C

 中国でいま、農業が新たな注目を浴びていることは、多くの中国人が認めるところです。国の対外開放政策の枠組み内で、中国は新時代における農村部の振興を図るためのトップダウン式の政策構想を打ち立てる中で、農村部の対外開放の新たな局面の構築を念頭に具体的な施策を講じてきました。

 さらなる開放の推進によって。農業のグレードアップや農民の収入増加が期待されています。中国の食品消費構造がグレードアップの最中にある現在、世界各国もまた、中国農業市場の見通しは明るいとの見方をしています。

 中国は世界第一位の農産物輸入国であり、世界第二位の農産物貿易国です。また、大豆やパーム油、コットン等の農産物の輸入額が世界最大です。去年、中国の農産物輸出入額は2014億ドル近くに達し、前年同期比で9%増加しました。そのうち、輸入額は12.8%増の1259億ドルに達しています。統計によりますと、中国の農産物輸入額の70%が米国やブラジル、東南アジア諸国連合(ASEAN)、欧州連合(EU)およびオーストラリアからのものである一方、「一帯一路(シルクロード経済帯と21世紀海上シルクロード)」関係国からの農産物輸入も速やかに伸びているということです。

 中国の巨大な農業市場は世界各国に実益をもたらしています。米国を例に挙げると、去年、その中国に対する大豆の輸出額は140億ドルに達しました。米国最大の大豆生産地であるイリノイ州は年間生産量の25%の大豆を中国に輸出しています。また、去年、米国は約65億ドルの豚肉を輸出しており、中国はその第三の輸出先となっています。

 このような局面を迎えている中国農業について、専門家と業界関係者は、今後中国の食品消費構造のグレードアップはさらに進み、市場の成長には依然として大きい余地があると見ており、「農業分野での開放拡大は、中国自体が発展するための揺るぎない需要だ」と指摘しています。(洋、謙)

コメント()

ラジオ番組
12月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥