大分県上海事務所・難波一尚さんに聞く

2018-05-29 17:18  CRI

00:00:00
00:00:00

 聞き手:王小燕

图片默认标题_fororder_jpjingji0529-2-1

 「日本の自治体職員在中国 加油」(第58回)のゲストは大分県職員の難波さんです。このコーナーで初めてお迎えした大分県のお客さんでもあります。

 難波さんの紹介によりますと、大分県には4,342箇所の源泉数があるほか、湧出量も279,462リットル/分で日本一を誇っています。バラエティに富んだ温泉が満喫できる別府をはじめ、別府湾沿いに開けたエリアにある海を望む水族館やテーマパークなどのレジャーも充実しています。また、グルメでは、特にブランド魚「関あじ・関さば」が名高い。海流の速豊後水道で育っているため、身が締まって、刺身で食べると絶品。そして、ここは留学生比率が日本トップクラスの県(毎年1位~2位で推移)としても知られています。立命館アジア太平洋大学(APU)をはじめ、約3,500人の留学生がいます。留学生と県民との交流プログラムや、留学生に対する起業・就職支援など、留学生にとってやさしい県でもあります。

中国との地方友好交流では、大分市が湖北省武漢市、別府市が山東省烟台市、日田市が江蘇省蘇州市呉県、佐伯市が河北省邯鄲市、臼杵市が甘粛省敦煌市と友好都市提携を結んでいます。また、大分県では湖北省との交流を行っており、毎年湖北省から研修生を大分県で受け入れています。 

 このような知られざる魅力がいっぱいの大分へ、今回は難波さんの案内で一緒に旅してみましょう。ところで、別府の町でよく目にする「地獄めぐり」の看板、いったいこれはどのような意味なのか、詳しくは難波さんの説明をぜひお聞きください。

 【プロフィール

图片默认标题_fororder_jpjingji0529-2-2

 難波 一尚(なんば  かずひさ) さん

 1979年生まれ、大分市出身。

 2003年3月 大阪外国語大学卒業後、専門商社での勤務を経て、2013年から大分県に入庁。商工労働部、企画振興部などを経て、2018年4月から日中経済協会上海事務所・大分県経済交流室長に就任。

コメント()

ラジオ番組
10月15日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥