中国教育部发布《中国语言生活状况报告》(「中国言語生活状況レポート」発表=教育部)

2018-06-05 13:50  CRI

00:00:00
00:00:00

中国教育部发布《中国语言生活状况报告》(「中国言語生活状況レポート」発表=教育部)

  《中国语言生活状况报告》副主编周洪波介绍说,报告主要关注语言扶贫、全民阅读、“新四大发明”、网评低俗语言等4个话题。报告热点篇第一篇推出了 “新四大发明开启语言生活”一文,关注了高铁、支付宝、共29日,中国教育部在北京发布了《中国语言生活状况报告》,报告主要反应了2017年中国语言生活中的重大事件、热点问题及时态数据。
  《中国语言生活状况报告》副主编周洪波介绍说,报告主要关注语言扶贫、全民阅读、“新四大发明”、网评低俗语言等4个话题。报告热点篇第一篇推出了 “新四大发明开启语言生活”一文,关注了高铁、支付宝、共享单车和网购,中国“新四大发明”的话题。

  此外,在2017年度汉语盘点活动中,“享”和“初心”分别当选年度国内字、国内词;“智”和“人类命运共同体”分别当选年度国际字、国际词。“十九大、新时代、共享、人工智能、人类命运共同体”等当选十大流行语;“打call、尬聊、你的良心不会痛吗”等当选十大网络用语。

「中国言語生活状況レポート」発表=教育部

 教育部は29日、北京で、2017年の中国の言語生活における出来事や焦点となった話題、使用頻度統計などを反映した「中国言語生活状況レポート」を発表しました。

 報告の副責任者を担当した周洪波氏によりますと、この報告は国民総読書や、「新四大発明」、ネット上の低俗なスラングなど、4つのトピックからなっています。そのうち、「高速鉄道の『高鉄』、インターネットの支払いアプリ『支付宝』、シェアバイク『共享単車』、ネットショッピング『網購』」などは中国の「新四大発明」として取り上げられています。

 また、2017年度を代表する中国語選出のキャンペンでは、「享」と「初心」がそれぞれ年の字と言葉に、また「智」と「人類運命共同体」はそれぞれ年の国際的文字と国際的言葉に選出されました。このほか、「十九大、新時代、共享、人工知能、人類運命共同体」などが十大流行語に、「打CALL(応援する)、尬聊(気まずいおしゃべり)、你的良心会痛吗(あなたの良心は痛むだろうか)」などが、10大ネットスラングに選出されました。

コメント()

ラジオ番組
8月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅