<SCO青島サミット>習主席、タジキスタン大統領と会談

2018-06-09 21:35  CRI

   習近平国家主席は9日、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議が行われる山東省青島市で、タジキスタンのラフモン大統領と会談しました。

 席上、習主席は「中国とタジキスタンは友好的な隣国で、長年にわたり効果的な互恵協力を進めてきた。現在、両国はいずれも国家の発展と復興の鍵となる段階に入っている。両国が引き続き助け合い、支持し合って、手と手を携えて試練に立ち向かい、共同発展を実現させ、両国の全面的な戦略的パートナー関係を絶えず深化させていけるよう望んでいる」と述べました。

 習主席はまた、「『一帯一路』建設は両国協力のメインの内容となっている。次の段階で、双方は貿易の分野でバランスの取れた発展を推し進め、金融と投資における協力を深化させ、相互連結における協力を拡大し、人的交流を密にしていく必要がある。また、安全保障分野では引き続き『三つの勢力』(分離主義者・宗教過激派・テロリスト)や、国家を越えた組織犯罪を共に打ち破っていくべきだ」と示し、さらにタジキスタンが今年からアジア信頼醸成措置会議(CICA)の議長国を務めることに触れ、「中国はCICAの準備作業においてタジキスタンを支持し、協力したい」と述べました。

 これに対して、ラフモン大統領は、「タジキスタンは中国との伝統的な友好を大切にしている。中国が長年にわたってタジキスタンの経済と社会の発展に力を添えてくれたことを高く評価している。タジキスタンは『一つの中国』の政策を固く守り、『三つの勢力』を断固として打ち破っていく。両国の全面的な協力に力を入れ、この地域で起こる問題への対応について協力を密にし、タジキスタンの『2030年までの発展戦略』と『一帯一路』構想を連結させ、両国のインフラ整備や農業、科学技術などの分野における協力を拡大していきたい」とした上で、さらに、「タジキスタン側は『国際情勢が複雑な変化をすればするほどに、“上海精神”の発揚が必要になる』との見方に賛同する」と示しました。(藍、謙)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳