周冬雨(チョウ・ドンユィ)

2018-06-15 10:05  CRI

图片默认标题_fororder_1

 周冬雨(チョウ・ドンユィ)は1992年河北省生まれの女優。2010年に、張芸謀(チャン・イーモウ)監督のラブストーリー『サンザシの樹の下で(山楂樹之恋)』の主演に抜擢され、鮮烈な女優デビューを飾りました。デビュー作にして、いきなり第14回中国映画「華表奨」の最優秀主演女優賞や、第56回スペイン・バリャドリッド国際映画祭最優秀女優賞に輝きました。

 2013年に話題の時代劇映画『宮鎖沈香』、そして2014年には自身初の喜劇映画『心花路放』に出演。この作品でドンユィはデビュー作の『サンザシの樹の下で』とは一転して、ピアスに金髪という“ビジュアル系“ルックス(中国では“殺馬特“=スマートスタイルと呼ばれる)のファンキーな人物という印象的な役を演じ、脇役ながらも型破りな演技で話題を呼びました。また、同年に主演したラブコメ『同桌的你』も4.56億元の興行収入を収めて大ヒットし、彼女も第15回中国語電影伝媒大奨年間最注目女優賞を獲得。2016年には性格が正反対の2人の女の子の運命を描くドラマ映画『七月与安生(七月と安生)』での主演により、第53届台湾版アカデミー賞、金馬奨の最優秀主演女優奨を、同作品のもう一人の主演、馬思純(マー・スーチュン)と共にW受賞。同じ作品から主演女優2人が同時受賞という史上まれに見る快挙を成し遂げました。

 それ以降も、役の幅がどんどん広がり、いろんな作品で個性豊かな人物を演じてきました。2015年の映画『少年班』ではずば抜けて頭のいい天才少女の役を好演。2016年には、『喜歓你(恋するシェフの最強レシピ)』で金城武と豪華共演し、料理の腕を認めてもらえず日々苦戦する女シェフを演じています。2017年にはさらに活躍が増え、年間ドラマ2本と映画5本を引っさげて、ノリにノっている女優の一人になりました。

 2018年5月に大きな話題を呼んだのが、彼女主演のラブストーリー『後来的我們(Us And Them)』です。同作は女優・歌手として活躍している劉若英(レネ・リウ)の映画監督デビュー作で、ドンユィは『捉妖記』などの人気俳優、井柏然(ジン・ボーラン)と競演しています。もともと女性の地位向上という国際的な映画界の潮流が追い風となり、女性監督の活躍がますます注目される中での一般公開とあって、一気に注目度が上がり、興行収入も好調でしたが、公開初週には興行収入水増し疑惑を持たれ、映画の話題がいつしか騒動に発展してしまいました。騒動のほとぼりは数週間でようやく冷めましたが、そうこうしているうちに、この作品の最終興行収入はなんと13億元を突破し、女性監督による中国映画として歴代1位に躍り出た形となりました。(ミン・イヒョウ 謙)

コメント()

ラジオ番組
12月13日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍