中国7月制造业PMI继续位于景气区间(7月の製造業PMIは安定を維持=国家統計局)

2018-08-01 15:35  CRI

00:00:00
00:00:00

中国7月制造业PMI继续位于景气区间

  中国国家统计局7月31号公布的数据显示,7月中国制造业采购经理人指数(PMI)为51.2%,继续位于景气区间。专家称,下半年PMI走势仍将保持在合理区间。

  采购经理人指数(PMI)涵盖企业采购、生产、流通等各个环节,是国际通用监测宏观经济走势的先行性指数之一,通常以50%作为经济强弱的分界点。

  中国国务院发展研究中心宏观经济研究部研究员张立群说,“从生产方面指数来看,企业的生产经营活动水平是略有下降,这可能和季节性变化有关,国际贸易争端对出口影响不容忽视,但也要看到国际贸易格局和世界经济格局是长期的经贸合作的结果。另外,中国经济主要是依靠国内市场主导的类型,在这个背景下,现在扩大内需、稳定国内市场方面的政策,都对支持中国经济平稳增长起主要作用。未来表现也会更为明显。”

  谈及下半年PMI走势,张立群预测说“下半年,随着最近国务院一系列措施落实,整个国内市场需求以及投资、消费的平稳态势会更加明确,水平会略有提高。所以总体来看,未来的经济走势包括PMI指数的走势仍会保持在合理区间,大体稳定。”

7月の製造業PMIは安定を維持=国家統計局

 中国国家統計局が7月31日に発表した統計によりますと、7月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.2となり、引き続き合理的なレンジ内で推移しているとのことです。

 購買担当者指数(PMI)は、企業の購買、生産、流通などのプロセスをカバーする、マクロ経済トレンドのモニタリングにおける先行性指数の1つであり、通常50を経済の強弱の分岐点としています。

 この数値について、国務院発展研究センターマクロ経済研究室の張立群研究員は、「生産関連の指数からみると、企業の経営活動水準には若干鈍化が見られるが、これは季節変化の影響を受けたものと考えられるが、中米の貿易摩擦激化の輸出への影響は注視すべきものだ。中国経済は主として国内市場主導型であり、この背景のもとで、現在の内需を拡大し、国内市場の安定をはかる政策は中国経済の安定成長を支える役割を果たして行くだろう」と指摘しました。

 また、今年下半期のPMIのトレンドについて、張研究員は「今年の下半期、国務院の一連の措置が結実するに従い、国内市場全体のニーズおよび投資、消費の安定健康はさらに顕著になり、レベルは高まっていくと思われる。そのため、全体から見ると、未来のPMIを含む経済のトレンドは引き続き合理的なレンジ内で推移し、ほぼ安定したものとなるだろう」と述べました。

コメント()

ラジオ番組
10月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍