朝米終戦宣言に踏み切る時に来ている=朝鮮「労働新聞」

2018-08-09 22:21  CRI

00:00:00
00:00:00

   朝鮮の「労働新聞」は9日、論説を発表し、「終戦宣言を発表することは朝鮮半島の平和と安定の実現に向けた第一歩であり、時代の求めるところでもある。朝鮮と米国は終戦宣言に踏み切る段階に来ている」と述べました。

   文章は、「20世紀50年代の朝鮮戦争により、朝米関係は最も敵対する関係となった。停戦協定に調印したことで戦争は終わったが、朝鮮と米国はテクニカルな視点から見れば依然として戦争状態にある。そのため、両国間では不信と敵対の関係が続いている。シンガポールで行われた朝米首脳会談はまさにこの敵対関係を終わらせ、朝鮮半島と世界の平和と安定を守るという崇高な目的を抱いて開催されたものである。朝米両国は、終戦宣言に踏み切る段階に来ている」としています。(鵬、む)

コメント()

ラジオ番組
8月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
李阳