新産業がより多くの就業機会を創出

2018-08-10 18:25  CRI

3

 7月末に開かれた中国共産党中央政治局会議では、今年下半期の経済活動を策定するにあたり、安定した就業の促進をより重視する姿勢が示されました。会議では、就業、金融、対外貿易、外資、投資、観測の安定化がはじめて強調され、安定と改革の両立を図る中で、ハイクオリティな経済発展を求めるシグナルが出されました。

 関係者は「今後、中国はサービス業の発展を通じて就業を増やしていく。新たな原動力、新たな産業、新たな業態が就業の機会を作り出していく」と分析しています。

 今年の上半期の都市部の新規就業者は752万人、前年同期比で17万人増となりました。就業規模の継続的拡大や就業構造の改善、賃金レベルの継続的上昇が続く中、失業率も低い水準に留まっています。

 上半期の就業状況は良好だとは言え、経済がモデルチェンジし、貿易摩擦がエスカレートする中、如何にして就業の安定剤としての役割を発揮させるかは極めて重要な問題です。先頃開催された中国共産党中央政治局会議でも、下半期の経済活動の策定にあたり、就業の安定化をより重要視する姿勢が示されました。多くの政府部門も共同で政策を策定し、就業の安定と促進を目指す10の措置を発表しています。

 今後、中国は企業の雇用コストをさらに減らし、失業リスク対応の強化を奨励して行くこととなります。就業補助金を利用し、貿易摩擦の影響を受けた人々を就業優遇政策と公共就業サービスの対象に組み込むことで、都市部の失業率を5.5%以内に抑めることを目指します。

 識者は、「経済の成長は有効需要の増加による拡大再生産の後押しに由来している。有効需要、特に内需の持続的増加は住民の可処分所得の増加に頼っており、就業と経済成長は密接かつ不可分の関係にある。ハイクオリティな経済発展とハイクオリティな就業は強く結びついている」との見解を示しています。

 今年10月1日から、ヒューマンリソース要素市場分野初の行政法である『ヒューマンリソース市場暫定条例』の施行が予定されています。本条例は就活、求人、人材斡旋サービスの規範化を目的とするものです。こうした措置の実施、特に中国経済のハイクオリティな発展に伴い、より多くの就業機会が作り出されて行くことが予想されます。(殷、む)

 

コメント()

ラジオ番組
8月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍