福田康夫元首相、南京大虐殺遇難者同胞記念館参詣の意義

2018-08-15 09:48  CRI

3

00:00:00
00:00:00

担当:王小燕

 今月は「戦争と平和、そして心の和解を考える」シリーズです。今回は6月末、福田康夫元日本首相が南京大虐殺遇難者同胞記念館を訪れたことの意義をめぐり、各界の声をお伝えします。

 6月24日、福田康夫元日本首相が上海で上海交通大学、復旦大学、中華日本学会などが主催する一連の学術会議に出席した合間に、南京市江東門付近にある「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館」を訪れました。この記念館を訪れた日本の首相経験者は、村山富市、海部俊樹、鳩山由紀夫各氏に続いて4人目となります。

 その日、王小燕アナが中国国際放送局派遣の記者として、訪問の現場で取材にあたっていました。福田元首相はどのような気持ちでこの記念館を訪れ、また今回の参詣が「中日平和友好条約」の締結から40年になる今後の中日関係にどのような意味を持つのか、今日はこのテーマをめぐり、福田元首相、そして中日各界の関係者の思いにフォーカスしてお送りいたします。

 この訪問には、中国人民政治協商会議委員を務める中国社会科学院日本研究所の高洪研究員、江蘇省外事弁公室の関係者らが同行しました。高洪研究員は2018年8月号の日本語月刊誌「人民中国」に、「南京で歴史と向き合う」と題したリポートを寄稿し、福田氏が記念館を訪れた一部始終について分かりやすく綴り、その意義を評価していました。番組では、この記事を現場で取材した音声と合わせて紹介いたします。

3

3

コメント()

ラジオ番組
12月15日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅