高齢者を訪ねて<習近平氏が語る国民生活の物語(三)>

2019-02-07 14:45  CRI

图片默认标题_fororder_图1:习近平和家人在一起,父亲习仲勋坐在轮椅上
車椅子に乗る父親の習仲勲さん、家族と一緒の習近平総書記

 中国社会は高齢化が進んでいます。2050年ごろには、全人口の34.9%にあたる4億8700万人が高齢者になると予測されています。お年寄りが安心して老後を過ごすにはどうするか、これは習近平総書記が常に気にかけていることです。

 習近平氏は2012年に中国共産党中央委員会総書記に就任して以来、国内各地を視察する際には、高齢化対策の実態を調べるため必ずお年寄り向けの施設を訪れています。

图片默认标题_fororder_图2:习近平牵着母亲齐心的手散步
母親の斉心さんと手をつなぎ散歩する習近平総書記

 中国で最も早く高齢化社会に突入した大都市の上海。中でも虹口区は60歳以上の人口が全体の40%を占めています。習近平総書記は去年11月6日、区内にある市民ホールを訪れ、施設内に設けられたデイケアセンターでこう語りました。「高齢化問題は中央政府が最も関心を寄せる問題の一つだ。我々はもう高齢化社会に入っており、お年寄りの暮らしはどうか、どう介護するか、健康状態はどうか、こうしたことが国民の幸せな生活の中で重要なことだ。よって、ここで皆さんがしていることはとても意義がある。みんな喜んでいるようだ。日々を楽しく、いつまでも楽しく暮らすように」。

图片默认标题_fororder_图3:2018年11月,习近平在上海虹口区市民驿站托老所同老年居民交谈
上海市虹口区内のデイケアセンター。お年寄りと歓談する習近平総書記

 少しでも多くのお年寄りへ介護政策を実行していくかは、中国の最高指導者が常に気を配る問題です。虹口区は先ごろ、介護サービスの充実化を目指す3年間の行動計画を発表しました。2021年末までにデイケアセンターを60ヵ所、高齢者用の飲食店を100ヵ所設け、また介護業務従事者を500人とするとのことです。

图片默认标题_fororder_图4:2013年2月,习近平在兰州养老餐厅为老年人端上饭菜
2013年2月、甘粛省蘭州の養老院。お年寄りに料理を届ける習近平総書記

 中国は沿海地区だけでなく西部の省などでも様々な高齢者サービスを施しています。甘粛省蘭州市城関区では、数年前に高齢者向けの飲食店などが開設されたほか、サービスを自宅から電話注文できる「仮定の養老院」を設立しました。習近平総書記は2013年2月4日にここの飲食店を訪ね、ほかほかの料理を食卓まで運びました。

图片默认标题_fororder_图5:2013年11月,习近平在湘西十八洞村与村民石爬专一家人交谈
2013年11月、土家族苗族自治州十八洞村。村民の石爬専さん一家と談笑する習近平総書記

 また習近平総書記はこの年に湖南省を視察した際、狭い山道を歩き、土家族苗族自治州十八洞村のある貧しい家庭を訪問しました。ここに住むお年寄りの石爬専さんは、「ついに来てくれた。偉大な指導者で、われわれ庶民を気にかけてくれている」と言いました。習近平総書記はこれに対して「私は人民の公僕だ」と答えました。(藍、森)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圆