お正月映画の興収が好調、国産SF作品が目玉に=猫眼

2019-02-09 15:17  CRI

00:00:00
00:00:00

 ここ数年、春節(旧正月)連休に家族連れで映画館に足を運ぶことが、中国人の新しい春節の過ごし方としてすっかり定着する中、今年の春節期間には8本のお正月映画が一気に公開され、コメディー映画やアニメ映画のほか、レベルの高い国産SF映画が人気を集めるようになっています。

 リアルタイム興業成績モニタリングシステムを運営する「猫眼」の統計によりますと、春節初日(2月5日)の興業成績は14億元を突破し、国内の1日あたりの興業成績の記録を刷新したということです。また、8日午後までの興業統計では、全国の興収が38億元を超えたということです。

 そして、なかでも、2本のSF映画、「駆け抜ける宇宙人(原題:瘋狂的外星人)」と「さまよえる地球 (原題: 流浪地球)」が破竹の勢いを見せています。この2作品はいずれもSF小説家劉慈欣氏の原作から改編されたもので、とりわけ中国初のSFブロックバスター映画とされる「さまよえる地球 (原題: 流浪地球)」は、8日午後現在で興業成績が10億元を突破、国産SF映画のイメージを塗り替える話題作となっています。(Lin、む)

コメント()

ラジオ番組
4月22日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强