故宮が600周年に際し、来年「韓熙載夜宴図」と「清明上河図」の特別展

2019-03-08 15:38  CRI

图片默认标题_fororder_fff

 北京の紫禁城は2020年に創建600周年を迎える。故宮博物院の単霽翔・院長は4日、北京で、南唐時代の宮廷画家・顧■中(■は門がまえに厷)が描いた画巻「韓熙載夜宴図」の特別展、中国北宋の都開封の都城内外の賑わいを描いた画巻「清明上河図」の特別展を来年開催することを明らかにした。中国新聞網が報じた。

 「韓熙載夜宴図——歴代人物画作品展」は、来年5月に、故宮の午門正殿と東西雁翅楼展示ホールで開催される。同画巻で顧氏は、韓熙載の複雑な心境を描き出している。故宮博物院は、「揮扇仕女図」、「韓熙載夜宴図」、「采薇図」、「蕭翼賺蘭亭図」などの貴重な作品を収蔵しており、人物画の收藏の面では優位性を誇る。同特別展は「韓熙載夜宴図」を中心に、中国の歴代人物画の発展の様子が系統的にまとめられて展示される。「韓熙載夜宴図」は、11年秋に北京の武英殿書画館の「故宮が収蔵する歴代書画展」で展示されて以降、一般公開されていない作品となる。

 15年に展示され、入場を待つ人が長蛇の列を作り、故宮の中を疾走する様子を表した「故宮ラン」という流行語まで生んだ「清明上河図」は、「韓熙載夜宴図」のタスキを受けて20年9月に展示される。「清明上河図」は、歴代風俗画作品展と同じく、午門正殿と東西雁翅楼展示ホールで展示される。宋の時代は、中国風俗画製作が最も盛んな時期で、中でも張沢端が描いた「清明上河図」が有名だ。この画巻では、伝統的中国画の技法・散点透視法を使って、中国の12世紀北宋の時代の都の東京開封府(現在の河南省開封市)の城内の社会各層の人々の暮らしぶりを描いている。(編集KN)

 「人民網日本語版」より

コメント()

ラジオ番組
5月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同