河南省で金代高僧の壁画墓見つかる 独特な設計で珍しい壁画も

2019-03-14 10:27  CRI

图片默认标题_fororder_a

 墓室の真ん中にあるレンガ造りの供物台。出土の時、供物台の上には墓誌が置かれた。墓室の北西、南西、北東、東南の壁には彩色画が描かれている。(安陽=新華社配信/安陽市文物考古研究所孔德銘所長提供)

 【新華社鄭州3月13日】中国河南省安陽市で、レンガ彫刻が施された金王朝時代(1115~1234年)の壁画墓が発見された。このほど発表された発掘調査報告によると、墓は独特な設計が施された高僧の墓で、4人が埋葬されており、壁画の内容もこれまで見られない題材が含まれている。河南省の黄河以北で金代高僧の墓が見つかったのは今回が初めてであり、考古学的に重要な価値を持つ。

图片默认标题_fororder_b

 墓は市内の文峰大道と太行路の交差点の東南角に位置する複合施設、大華時代広場で13号棟の基礎溝工事を行った際に見つかった。墓の発見後、同市文物考古研究所は国家文物局の許可を得て、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を行った。

 文物考古研究所の孔德銘(こう・とくめい)所長は「墓誌のある高僧の墓が見つかることも滅多にないのに、墓誌ばかりか、高僧が4人も埋葬されていた」と述べ、墓の形状や構造も非常に独特だと説明した。

 墓は擬木構造の八角単室塼室墓(せんしつぼ)で、全長は9・35メートル。南北方向に造られ墓道は南に伸びている。墓道、墓門、甬道(ようどう)と墓室の4部分で構成されており、傾斜墓道には17段の土階段が掘られている。

 墓室の平面プランは八角形で、北側と西側、東側の壁に耳室と呼ばれる小部屋が一つずつ造られている。耳室内には陶罐(陶製の水がめ)が全部で4つ置かれており、中には火葬された遺骨が納められていた。考古学者は出土した墓誌と照らし合わせ、この遺骨を4人の高僧のものと判断した。

 天井は穹窿頂(きゅうりゅうちょう)と呼ばれるドーム型で、頂部はレンガを四角形に積み塞いでいる。墓室の中心にレンガ作りの供物台があり、出土当時、墓誌はこの台の上に置かれていた。

 墓では特徴的な壁画も見つかった。墓室の北西、南西、北東、南東すべてに彩色画が描かれており、中でも「童子啓門図と「行医図」は特に珍しく、孔氏は「墓室の壁画によく見られるのは『婦女啓門図』であり『童子啓門図』は珍しい。『行医図』などもあまり見かけない」と語る。

 出土した墓誌から、墓は金の正隆4年(1159年)に相州洪福寺文殊院の院主洪論が数人の高僧のために造ったことが分かった。墓は独特の設計と美しい壁画を持つほか、墓誌の年代記載や内容も豊富で、宋・金代の安陽の洪福寺や開元寺などの仏教寺院の盛衰や地名の歴史的変遷なども記載されている。

 保存状態の良い壁画には、当時の生活の濃厚な息遣いや生き生きとした人物像が描かれている。これらは金代の人々の信仰や医療、薬学、社会生活の姿を如実に伝えており、重要な歴史的価値と芸術的価値を備えている。(記者/桂娟、双瑞)

コメント()

ラジオ番組
5月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同