「2018年米国の人権記録」などを発表=国務院報道弁公室

2019-03-14 16:05  CRI

 国務院報道弁公室は14日、「2018年米国人権記録」(以下「人権記録」)、「2018年米国人権侵犯事件記録」を発表し、米国で人権が侵犯されている状況を日の下に晒しました。

 「人権記録」は、前書き、何度となく踏みにじられる公民の権利、金銭政治の横行、格差拡大の深刻さ、人種差別状況の悪化、懸念される児童の安全、見るに堪えない性別差別、繰り返される移民の悲劇、人心を得られない単独主義などの各章からなります。

 「人権記録」は、「現地時間3月13日、米国国務省は『2018年国別人権報告』を発表し、190余国の人権状況について批判、中傷を行っており、自らの深刻な人権問題を無視している。人権問題でダブルスタンダードを用いていることは明らかだ」と述べています。

 さらに、「米国では2018年に発砲事件が5万7103件起きており、死者1万4717人、負傷者2万8172人を出している。また、米国は貧富の差がもっとも深刻な西側国家となり、一般庶民の財産と収入が減少を続けている。一方で、米国の移民政策によって親族が離れ離れになり、少なくとも2000人の児童が親から離れて暮らすことを余儀なくされている」と記しています。(Mou、む)

コメント()

ラジオ番組
3月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圆