中日両国がタイで協力事業展開 「期待十分」との声

2019-04-03 22:14  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_集合写真

 李克強総理は、去年5月に日本を訪れた際、安倍晋三首相とともに第3国で協力事業を展開することで合意し、両国の企業間提携に関する覚書を取り交わしました。この合意内容を実行に移すため、中国貿易促進会と日本貿易振興機構(ジェトロ)は2日、タイの首都バンコクで、第3国での協力を趣旨としたシンポジウムを共同開催しました。

图片默认标题_fororder_日本大使

图片默认标题_fororder_中国大使

 このシンポジウムは、タイの東部経済回廊弁公室が協賛しており、中日両国の企業がタイ東部の経済回廊、スマートシティの建設、交通・物流・エネルギーなどで協力を推進し、タイも含めた3カ国の企業が長所を活かし、互恵ウィンウィンや協同発展を促進し、地域や世界経済の成長を目指していきます。

 シンポジウムは現地中国大使館の呂健大使も出席し、「中日両国による第3国での協力は、両国指導者が注目し推進するものであり、タイも積極的に支持している。タイの『4.0戦略』は、中国の開放戦略や第3国での協力と一致している。中日両国は資金、技術、人材などで利点があり、タイでの協力事業が十分に期待できる」と述べました。

 また、日本大使館の佐渡島志郎大使も演説し、「中日両国に近接したパートナーであるタイは、事業展開する上で有利な条件を備えている。タイ東部の経済回廊プロジェクトは将来性十分であり、またスマートシティの発展は3カ国の協力の場となる。各国の企業は好機をとらえ、互恵協力をさらに深め、利益を得るべきだ」と述べました。

 タイ東部の経済回廊を担当する事務局のカニート局長は、中日両国の指導者の支持や促進に感謝の意を示しました。今回の覚書きについて、「タイの経済成長を強く後押しするものだ」と述べ、今回の協力事業を重視し実務協力に力を入れていく意向を示しました。

 またタイの企業側の代表は、中日両国の共同事業展開について「大メコン圏地域(GMS)の国や東南アジア諸国連合(ASEAN)にとって有意義なスタートである。アジアの両大国が第3国で協力することにより、アジアの未来はより豊かなものになる」と話しました。(殷、森)

コメント()

ラジオ番組
6月26日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅