「2019年度• 大中物産杯日本語弁論大会」が北京で開催

2019-04-14 15:33  CRI

 北京市の中国伝媒大学で14日、大中物産株式会社と同大学の共同主催による「大中物産杯日本語弁論大会」が行われました。

 本大会は今年で13回目で、今回は28の大学から474名の応募があり、厳正な審査を経て初級の部10名、本戦16名が選ばれました。今年のテーマは「日本語、ここがおもしろい」、「AIの未来」、「スマホがなかったら」のいずれか一つで、日本語力、作文内容、質疑応答、パフォーマンスなどを競いました。

图片默认标题_fororder_優勝者:外経済貿易大学の李浄宇選手.JPG

優勝者:対外経済貿易大学の李浄宇さん

图片默认标题_fororder_李浄宇選手と大中物産株式会社田中大三専務取締役

李浄宇さんと大中物産・田中大三専務取締役

 本戦の結果、「AIの未来」についてスピーチした対外経済貿易大学の李浄宇さんが優勝しました。CRIのインタビューに対して李さんは、「優勝はびっくり。他の人もみんな表現力があって、まさか自分が優勝できるとは思わなかった。テーマにAIを選んだのは自分が毎日使っているもので、書きやすい内容だと思ったから」と語りました。

图片默认标题_fororder_準優勝の柳一錫(南開大学).JPG

準優勝の柳一錫さん(南開大学)

图片默认标题_fororder_ssssssss

第3位の張昊迪さん(中国人民大学)

图片默认标题_fororder_特別賞の司雨萌(北京大学).JPG

特別賞の司雨萌さん(北京大学)

 今年は上位3人のほか、特別賞が設けられました。受賞者は「スマホがなかったら」を選んだ北京大学の司雨萌さんです。合計4名が日本へ招待される予定です。

 本大会について、大中物産の田中大三専務取締役は「政治的環境が時に難しい中で13年間続けてきたのは容易ではなかった。周りの温かい声援を受けて、学生たちも毎年熱心に応募してくれてとても感謝している。これからも、ビジネスの面だけでなく、文化や政治なども日中間で親密になるように祈る」と語りました。

 この日本語弁論大会は、中日両国の文化交流を促進し、国民間の理解を深めることを主旨としたもので、今年は北京市人民対外友好協会、東京都日本中国友好協会、CRI日本語部、雑誌社「人民中国」、日本貿易振興機構(ジェトロ)北京代表処、日中経済協会、在中国日本国大使館が後援し、北京日本倶楽部と全日本空輸株式会社が協力しました。また日中両国の企業14社が協賛しています。(取材&写真:SUI)

コメント()

ラジオ番組
5月22日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强