王毅外交部長、中日ハイレベル経済対話を語る

2019-04-15 19:30  CRI

 王毅国務委員兼外交部長は14日午後北京で第5回中日ハイレベル経済対話で総括的発言を行い、双方の合意をまとめました。

 王部長は「中日関係は持続的な改善を見せている。中日両国は世界の2位と3位に大きい経済体として20以上の政府部門の高官が集まり、協力強化やチャレンジへの対応について突っ込んで交流する。両国にとってだけでなく、地域や世界にとっても意義と価値があり、中日の経済貿易協力や世界経済の安定した発展にプラスとなる」との考えを示しました。

 今回対話の合意について王部長は次のようにまとめました。

 1、多国間主義と自由貿易体制を共同で擁護し、グローバル経済と地域経済の一体化を引き続き推し進め、開放型の世界経済を築いていく。

 2、日本側はハイレベルの政府代表団を派遣し第2回「一帯一路」国際協力サミットに参加し、関連協力を拡大していく。

 3、主要20カ国グループ(G20)サミットの成果の実行を進め、G20メカニズムの協力を強化する。

 4、気候変動、海洋環境の整備、生物多様性の保護などグローバルな環境問題をめぐって協力を強める。

 5、指導者の合意を実行に移し、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉を共同で推し進め、中日韓自由貿易区の協議で早期に成果を上げるようにしていく。

 6、中日イノベーション協力メカニズムの初回会議で収めた成果を高く評価し、知的財産権の保護などより多くの分野で交流と協力を行い、イノベーションの面で絶えず実り豊かな協力を進めていく。

 7、第3国での中日協力を強めていく。

 8、高齢化のチャレンジに協力して対応し、高齢者の介護など解決案を共同で模索する。

 9、貿易投資の利便化と自由化を進め、公正で公平かつ無差別のビジネス環境を共同で築き上げ、ルールに基づいた多国間貿易体制を擁護する。

 10、地方間の経済貿易協力を前向きに進める。

 王部長は以上の合意をまとめた上で、「両国指導者の合意を指針とし、チャンスを逃さず、中日経済貿易協力の新たな大きな発展を共同で推進し、世界経済の安定化に寄与していく」との中国政府の姿勢を改めて示しました。(取材:Mou)

コメント()

ラジオ番組
4月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳