封鎖と圧迫で中国の科学技術刷新の歩みを阻止することはできない

2019-06-22 16:46  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题

 中国人ノーベル生理学・医学賞受賞者である薬学者の屠ユウユウ氏とそのチームは最近になり、「アルテミシニン薬物耐性」という難問に対する適切で実行可能な治療法という、新たな研究成果を発表した。このことは、中国人科学者が人類の医学にとっての難問を解決することで、全世界の衛生管理についてまたも新たな貢献をしたことを意味すると言える。

 しかし、一部の米国人はいつも、中国の科学技術の革新に直面すると「針のむしろ」に座らされたような気持ちになるようだ。今年4月末、米国連邦捜査局(FBI)のクリストファー・レイ長官はニューヨークで行った講演で「全社会を動員し、さまざまな企業、大学、組織を通じて、知的財産権を盗んでいる」との表現で中国を再び中傷した。米国は最近になり、「国家の安全」を口実にして中国人学生の米国留学を阻止し、中国企業の米国市場参入を制限し、国家権力を乱用して華為(ファーウェイ/HUAWEI)などの中国企業を封じ込めようとしている。これらの行為の目的は、技術と産業チェーンにおいて米国が最高の地位を永遠に独占しつづけることにある。

 しかし、どのように封鎖して圧迫しようとも、中国の科学技術刷新の歩みを阻止することはできない。改革開放が始まってからの40年来、中国ではおびただしい数の科学者や技術者が、自らの力をもって向上を成し遂げ、困難を乗り越えて奮闘を続けてきた。さらに互恵とウィンウィンを基礎とする国際的な技術協力をも通じて、中国の特色がある自主的な刷新の道を歩み、人類共通の難問を解決するために傑出した貢献をしてきた。

 例えば、中国で成し遂げられたアルテミシニンの発見は、アフリカのマラリア患者数百万人を救った。スーパー・ハイブリッド水稲を世に出したことは、全世界で億単位の人が苦しむ飢えの問題の解決に直結する。量子科学技術の実験衛星である「墨子」の打ち上げは、全世界での安全な通信ネットワーク構築のための第1歩となった。「嫦娥4号」は人類にとって初めての月の裏側への着陸を実現し、人類がさらに深く月を理解するための助けとなった。

 最近になり開催されたサンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、中国の最高指導者である習近平国家主席は、中国は5G技術を含む最新の科学研究の成果を各国と共に分かち合うことを願っていると表明。このことが、全世界が共同で新たな中核的競争力を育て、経済成長のモデルを転換する助けとなるとの考えを明らかにした。

 現在、中国には1億7000万人を超える、高等教育を受け技能を持つ人的資源が存在する。研究開発に投入する資金は世界第2位で、特許の申請と取得の件数はいずれも世界第1位だ。そして中国は全世界に対して、科学技術の協力について一貫して開放的で包容力ある精神を持ち続けている。これらについてマレーシアのマハティール首相は最近になり、「米国は自らの科学技術のレベルが永遠に世界一であることを期待すべきでない。中国の科学技術が進歩している現実を受け入れるべきだ」と勧告した。ニュートンは「もし私がより遠くを見てきたとするなら、それは私が巨人らの肩の上に立っているからだ」との言葉を残している。科学技術とは人類文明の結晶であり、開放性と包容性こそが科学技術の進歩をもたらす「硬い芯」だ。米国が今日までに成し遂げてきた科学技術の成果は、不断の刷新によって先人が築き上げた基礎の上に立っている。特に、第二次世界大戦期とその後の数十年は、大量のトップ科学者が「科学に国境はない」と唱える米国に乗り込んだことが、迅速に成長して科学技術の刷新で世界の中心になるチャンスを米国にもたらした。

 しかし現在、米国の一部の人は自国がいかなる経緯で強大になったかを忘れ果て、「包囲殲滅」方式で他国の科学技術の進歩を抑圧している。このような「相手の行き場をなくす」やり方は時代の流れに逆らうものであり、中国を含む各国の科学技術界が勇気をもって刷新に取り組む決意をさらに強固なものにして、皆が結束して科学技術の進歩を推し進める更に大きな動力となるだけだ。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍