G20 サミットは世界経済により多くの確実性を=日本人識者

2019-06-26 20:15  CRI

00:00:00
00:00:00

 今週、G20が大阪で開催されます。経済のグローバル化と多国間貿易体制が試練に直面している現在、日本の経済専門家とシンクタンク所属の研究者は、今回のサミットが貿易分野における緊張状態の緩和に役立ち、開放型世界経済の共同建設につながるよう期待を寄せています。

 日本の識者らは「日本は輸出型経済国として、国際経済情勢の影響を強く受けている」との考えを示しています。

 かつて国連駐在日本大使を務めた谷口誠氏は、「単独主義が経済のグローバル化と多国間貿易体系にもたらすであろうネガティブな影響に留意する必要がある」と述べました。

 また、日本国際アジア共同体学会の進藤栄一会長は、「台頭しつつある貿易保護主義に対し、今回のサミットでは、各国、特に中国、日本、欧州が連携し、開放型国際経済体系の建設に向け合意を形成する必要がある」とした上で、「日本と中国は世界第三の経済国と第二の経済国として、各分野での協力を強化し、世界全体における発展の課題とガバナンスが直面する問題に共同で対応していく必要がある。G20は両国の協力強化により多くの可能性を用意してくれるだろう」と述べました。(HJ む)

コメント()

ラジオ番組
7月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同