良渚遺跡、5千年前の中華文明を物語る=浙江省杭州市

2019-08-20 13:56  CRI

图片默认标题_fororder_J5-1

良渚遺跡から出土された文物(撮影:新華社 翁忻暘)

 新中国の考古成果と言えば、良渚遺跡の発見を言い忘れるわけにはいきません。浙江省杭州市から車で北西へ1時間走れば、余杭区の良渚に着きます。「良渚」とは、「美しい水中の町」という意味で、ここはおよそ5000年前に大規模な都市が現われ、輝かしい文明が育まれました。1959年、中国社会科学院考古研究所の夏鼐所長がそれを「良渚文化」と名づけました。

图片默认标题_fororder_J5-2

良渚古城遺跡(撮影:新華社 翁忻暘)

 この良渚古城遺跡は、先月6日に行われたユネスコ世界遺産委員会第43回会議で、世界文化遺産への登録が決定しました。「5000年前の素晴らしい稲作文明を表し、優れた都市文明の代表でもある」と世界遺産委員会から評価されています。

 今から4300年~5300年前の良渚遺跡は、5000年にわたる中華文化を証明するのに重要な証拠を与えています。2007年に発見された古城は内外三重に分かれ、敷地面積630ヘクタール以上、「中華第一城」と称されています。また2015年に発見された外回りの水利工程は、中国最古の大型水利工事の遺跡です。さらに、多くの玉器は紀元前の中国の玉文化をアピールし、階層の違いを物語っています。さらに、地下からは炭化した稲が大量に発見され、紀元前の中国の稲作文明を証明し、手工業遺産と共に、複雑に分業化が進んだことを示しています。(Lin、森)

コメント()

ラジオ番組
9月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘睿琳