園芸博招致にかける思い~横浜市職員・島田健治さんに聞く

2019-08-27 20:45  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_L3780255 550

聞き手:王小燕

 北京の市街地から約90キロ離れた延慶区では今、国際園芸家協会(AIPH)認定のA類園芸博「2019年北京国際園芸博覧会」が開催中(2019年4月29日~10月7日まで)です。その中で、9月12日にはジャパンデーが開かれる予定です。

 今回は、北京園芸博の視察とジャパンデーへの参加準備のために北京入りした横浜市の島田さんと一緒に会場を回りました。横浜市は現在、8年後の園芸博開催に向けた招致を準備している真っ最中です。島田さんが室長として率いる「国際園芸博覧会招致推進室」はその準備作業のための専門部署として今年年初に新設されました。

 1989年に横浜博覧会を開催して「横浜みなとみらい21」地域の活性化を実現させた横浜市。その成功経験を持つ同市は、2027年開催を招致する国際園芸博の会場予定地に、かつて米軍の通信施設があった上瀬谷地区を選んでいます。市中心部から15キロ程度の場所で、会場面積は80~100ヘクタールを予定しています。

 この「横浜花博」のコンセプトについて島田室長は「花や緑はもちろんのこと、農や食、大地や交流を要素としてつながる幅広い領域と連携することで、感動を呼び、記憶に残り、幸せを深め、明日を感じ、将来につながる時間や空間を創り出す」という「自然が持つ多様な機能を活用するグリーンインフラの展開」であると紹介してくれました。

 園芸博招致の最前線で活躍する自治体職員として、園芸博の理念をどう捉えているのか、また、北京園芸博を訪れた感想はどうか、マイクを向けてみました。

图片默认标题_fororder_IMG_0259.JPG
北京園芸博視察中の島田健治室長一行、一番左は折井担当課長

 なお、今回の島田室長の視察には折居良一郎担当課長が同行しました。折井さんが北京園芸博を見学するのは、これで3回目(!)。そんな折井さんにも、会場で感じたことをインタビューしました。

◆関連記事:<「歴史と大地に注目」の北京園芸博を参考に=横浜市関係者>

【プロフィール】

图片默认标题_fororder_t350

島田健治(しまだ・けんじ)さん

横浜市政策局国際園芸博覧会招致推進室 室長

1984年4月   横浜市役所入庁
2017年4月 ~ 2019年3月 道路局横浜環状道路調整担当理事
2019年4月~  政策局国際園芸博覧会招致推進室長(現在)

 

 この番組をお聞きになってのご意見やご感想をぜひお聞かせください。メールアドレスはnihao2180@cri.com.cn、お手紙は【郵便番号100040 中国北京市石景山路甲16号中国国際放送局日本語部】もしくは【〒152-8691 東京都目黒郵便局私書箱78号 中国国際放送局東京支局】までにお願いいたします。皆さんからのメールやお便りをお待ちしております。

コメント()

ラジオ番組
1月26日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳