いかなる『脱中国化』行為も、事実は変えられない=台湾事務弁公室

2019-09-11 15:40  CRI

图片默认标题_fororder_G 

 台湾の「課程綱要」(教育カリキュラム)に関する問題について、国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は11日に開かれた記者会見で、「『脱中国化』を図るいかなる行為も、台湾が中国の一部であるという事実を変えることはない」と強調しました。

 また、「民進党当局は政権を取って以降、『台湾独立』に向けた行為を繰り返し、『脱中国化』や『台湾独立』といった内容を含む新たな教育カリキュラムを出した。これらは台湾の若者に悪影響を与え、両岸関係を損ない、両岸の対立をエスカレートさせた」と述べました。

 馬報道官はさらに、「両岸は『一つの中国』の一部であり、両岸同胞は中華民族の一員である。何者も、台湾同胞の中華民族の子孫としての権利を奪うことはできない。いかなる『脱中国化』の行為も両岸の歴史的なつながりを切り離せはせず、台湾が中国の一部である事実は変えられない」と示しました。(殷、謙)

コメント()

ラジオ番組
9月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮