河瀬直美×賈樟柯、中日タッグによる新作が2020年公開へ

2019-11-28 15:23  CRI

图片默认标题_fororder_5-1

 『あん』(2015)や『光』(2017)で知られる河瀬直美監督と『長江哀歌』(2006)や『罪の手ざわり』(2013)などの賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、中国の鵬飛(ポンフェイ)監督がメガホンを取る新作『再会の奈良(中国題:又見奈良)』が2020年に一般公開されることがわかりました。
 なら国際映画祭のプロデュースによるナラティブ(NARAtive)プロジェクトとして制作される本作は、今年11月3日に奈良県御所市でクランクインしたもので、中国人の母親が日本で残留孤児の日本人養女を探す物語です。奈良を舞台に中国人と日本人との交流をユーモアたっぷりに描いており、撮影は全編日本で行われる予定です。
鵬飛(ポンフェイ)監督は中国の新鋭監督の一人で、その代表作『ライスフラワーの香り(原題:米花之味)』(2017)が第74回ベネツィア国際映画祭や初開催の平遥国際映画祭、なら国際映画祭などに出品され、好評を博しています。
 なお、音楽は『座頭市』や『アウトレイジ 最終章』など北野武作品で映画音楽を手がけてきた日本人ミュージシャンの鈴木慶一が担当。(ミン・イヒョウ 謙)

コメント()

ラジオ番組
12月15日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰