この先の10年も「中国のものになる」=英国専門家

2020-01-07 16:37  CRI

图片默认标题_fororder_5e0db077a31099ab43d9317f

 英紙ガーディアン(The Guardian)の公式サイトが2019年12月31日に、ケンブリッジ大学(University of Cambridge)のマーティン・ジェイクス(Martin Jacques)上級研究員の文章を掲載しました。文章は「これまでの10年が中国のものだったが、この先の10年も相変わらず中国のものになる」と指摘し、この文章はSNSで大きな反響を呼び、また、ネットユーザからも好評を博しました。

 文章は「2010年から、中国は斬新な形で世界の観念に影響を及ぼすようになっている。これまでの10年はすべての年において、世界経済成長の源泉は米国ではなく、中国であった。2014年、世界銀行の統計では、購買力平価ベースのGDPでは、中国はすでに米国を抜いて世界最大のエコノミーになっている。現在、中国の経済規模は2010年時点の2倍以上になっている。中国の台頭はすでに米国や欧州で生き残りの危機を引き起こし、このような危機感は今世紀を貫き続けていくだろう」と指摘しました。さらに、「10年前まで、中国が廉価品の代名詞だった。欧米諸国は長い間、中国は真似しかできず、イノベーション力では西側と匹敵できるものではないとばかり考えていた。しかし、中国はすでに自身がイノベーション精神に富んだエコノミーであることを実証している」と強調しました。

 文章はまた2013年に中国が提唱した「一帯一路」イニシアチブに触れ、「日増しに増強しつつある中国の影響力の現われ」という見方を示しています。「現在、100以上の国(大部分が発展途上国)がこのイニシアチブに参加している。その多くの国の首脳が2019年に開かれた『一帯一路』国際協力サミットフォーラムに出席した。このような代表性は米国を含んだいかなる国も匹敵できるものではない」としています。

 文章は締めくくりに、「向こう10年、西側を中心とする国際システムが引き続き分断が進むが、中国が主導する国際メカニズムの影響力が日増しに強まっていくだろう。このプロセスは阻むことのできないものであろう」と結んでいます。(非、Yan)

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘非