鎌倉千秋アナ北京講演会 「新しい努力で中日を伝えよう」

2020-01-13 10:12  CRI

 NHKアナウンサーの鎌倉千秋さんが12日、「一人のジャーナリストの目に映った日中関係」をテーマに北京で講演会を開き、コミュニケーション手段が増えている今、新しい努力で中国と日本を伝える必要があると話しました。

图片默认标题_fororder_NHKアナの鎌倉千秋さんSmall
NHKアナの鎌倉千秋さん

 講演会で鎌倉さんは、中国のテレビ関係者と共に仕事した中で感じた「不思議に思ったこと」と「共鳴したこと」、インタビューの仕方に見る欧米と東アジア文化圏の違い、メディアが国のイメージづくりに果たせる役割などをめぐり、実体験を織り交ぜて語りました。

 中国と日本ではバラエティ番組の作り方、キャスターや司会者の位置づけなどに違いが見られるものの、「面白い番組を作りたい気持ちは同じなのだ」と鎌倉さんは指摘しました。そして、「メディアは互いの国民のイメージを作る存在だが、そのイメージを一瞬にして崩す威力もある」「両国関係において、個人と個人のつながりが大事だ」と訴えました。

图片默认标题_fororder_留学中に出演した映像を交えながら説明
留学中に出演した映像を交えながら説明

 さらに、中国発のショートムービープラットフォームの「TikTok (ティックトック、中国語名:抖音)」が日本でも流行していることに触れ、「若い世代がボーダレスになって世界中を駆け巡っている。今後は新しい努力で中国と日本を伝える必要がある」と話しました。

 鎌倉さんは2001年にNHKに入局し、中国留学を経て、現在はドキュメンタリー番組のほか、同局で去年から始まった中国語映像ニュースのキャスターを務めています。講演会には約200人が来場し、NHK WORLD-JAPANの番組上映会も行われました。

图片默认标题_fororder_鎌倉さんの話に聞き入る参加者
鎌倉さんの話に聞き入る参加者

图片默认标题_fororder_会場雑観
会場雑観

(取材・記事:王小燕、星和明)

コメント()

ラジオ番組
3月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕