2019年新疆農村住民の所得増加 3年間で最高記録

2020-01-23 13:12  CRI

 22日に開かれた2019年新疆ウイグル自治区の国民経済運営状況に関する発表会によりますと、2019年、新疆農村部住民の可処分所得は一人当たり1万3122元、前年同期より9.6%増となり、成長率は2016年からの最高だということです。

 同年、新疆では住民の生活に資する政策が打ち出され、都市部と農村部住民の収入増加を効果的に促進しました。同時に、都市部と農村部住民の収入の差が年々縮められ、縮小率が高くなる勢いを見せています。新疆は農業供給側の構造改革を引き続き推進し、農村部振興戦略を大きく実施しています。農村部住民の経営利益は一人当たり6761元で、依然として農村部の住民収入の中で最大の部分を占めています。

 このほか、同年新疆都市部住民の可処分取得は一人当たり3万4664元に上っています。賃金が都市部住民の可処分取得に占める割合は66.9%だということです。(殷、CK)

コメント()

ラジオ番組
2月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮