【CRI時評】「EU離脱」の実現で より困難な日々が待ち受ける

2020-02-02 10:27  CRI

图片默认标题_fororder_锐评1

 グリニッジ標準時の1月31日23時、3年半という長い時間を費やして、ついに英国が正式に欧州連合(EU)を離脱した。1973年初めにEUに加盟してから、今回の「EU離脱」の実現まで、英国とEUの47年の「蜜月」は世間の人々に「同床異夢」とは何たるものかを知らしめた。英国放送協会(BBC)の評論では、EUの歴史で最初に脱退したメンバーとして、英国の離脱は冷戦後の欧州における最大の地政学的変動だとしている。

图片默认标题_fororder_锐评3

 

 ドイツのメルケル首相は英国の「EU離脱」はドイツとEUに深い傷跡を残したと無念さを隠さずに語っている。フランスのマクロン大統領は1月31日、英国の「離脱」はEUにとって打撃であり、また「歴史的な警告」であって、ヨーロッパがさらに強大で効率の良い欧州連合を作り上げ、改革を進めることが不可欠だという警告を発している。英国の離脱はEUに関係国間の利害の枠組みの再調整を迫ることになるだろう。一方では、今後の英国とヨーロッパの貿易コストは増加を免れないだろう。また一方では、ロンドンの金融センターとしての地位の弱体化にともない、パリ、フランクフルトなどの都市は、その経済的な影響力を強める機会を迎えるだろう。また、EUにとってはドイツについで二番目の資金拠出国である英国の脱退後は、新たに毎年100億ユーロ前後の資金調達ギャップが増えることになる。

图片默认标题_fororder_锐评5

 英国の国内政治の面から見ると、2人の首相の退陣と引き換えにもたらされた「EU離脱」という成果は、英国社会の活力に大きなダメージをもたらし、民意には大きな亀裂が生じている。それによって火が着いたスコットランドの「英国からの離脱」を望む感情は、明らかな政治的リスクとなる。対外関係のレベルでは、英国とEUが袂を分かった後、今後双方がどのような関係を再構築するのかが一つの試練となるだろう。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
2月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥