シリア国連大使 テロ取締りを強調

2020-02-09 14:51  CRI

 シリア北西部のイドリブ県の緊迫した情勢を踏まえて、シリアのジャファリ国連大使は、このほど、国連安保理の公開会議で、「トルコがシリアに侵入している」とトルコを非難しました。その上で、「イドリブ県で進めているテロ取締りの活動を継続していく」とシリア政府の姿勢を示しました。

 ジャファリ大使は「シリアの主権、統一、領土保全は尊重されるべきで、テロ取締で取っている行動も支持されるべきだ」と強調しました。その上で、「トルコはシリアを侵略している。これに対して、一部の国連常任理事国は安保理を通じて、北大西洋条約機構(NATO)の一部の国と連携し、シリアに圧力をかけようとしている」と指摘しました。

 このほど、シリア北西部にあるイドリブ県では、政府軍とトルコ軍との間で軍事摩擦が起き、情勢が緊迫化しています。これについて、地元のアナリストは、各方面の情報から、両国の間に大規模な交戦が発生する可能性は低いと判断しています。(朱 CK)

 

コメント()

ラジオ番組
9月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅