貿易によるEUの内政干渉行為に反対=外交部

2020-02-12 17:34  CRI

 欧州連合(EU)がカンボジアへの関税優遇措置の見直しを検討していることについて、外交部の耿爽報道官は12日、「一貫して内政不干渉の原則を堅持している」との中国側の立場を強調した上で、「貿易の手段を利用した他国への内政干渉に反対する」と示しました。

 報道によりますと、EUは11日に「カンボジア政府が反政府組織とメディアを弾圧した」と非難し、カンボジアに対する一般特恵関税制度の1つである「武器以外の全て(EBA)」の見直しを示唆しました。これに対し、カンボジアのフン・セン首相は「EU側の要求に屈することはない」と明言し、カンボジアの独立、主権、平和を守り抜くよう人々に呼び掛けました。

 これについて、耿報道官はオンライン記者会見で、「カンボジア政府と国民による、自国の主権と独立、および国家の尊厳を守る努力を支持する」との中国側の立場を表明しました。さらに、カンボジアの安定的な発展と国民生活の改善のために積極的な支援を行いたいとの考えを示し、国際社会に対し「建設的な貢献を望んでいる」と呼び掛けました。(洋、謙)

コメント()

ラジオ番組
2月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥