米国務長官の言論は冷戦思考と政治的偏見=外交部

2020-02-14 17:00  CRI

 外交部の耿爽報道官は14日のオンライン記者会見で、米国のポンペオ国務長官がこのほど取材を受けた際に、再び中国に関する否定的な言論を行ったことについて、「その言論は相変わらず中米関係の歴史と現実を顧みず、冷戦思考と政治的な偏見に満ちていた。中国はこれに断固反対する」と反発しました。

 耿報道官は、「中国は他国の内政を干渉しない原則を貫いている」とした上で、「駐米中国大使館と各種民間団体が、国際法と中米両国間協定に基づいて米国各級政府と進めている交流活動は、相互理解、交流と協力を促すためのもので、合法的な活動である。非難すべきものではない」と指摘しました。

 また、「中国が歩んでいる道は中国の特色ある社会主義であり、中国共産党による指導はその核心的特長だ。これは歴史と人民によって選ばれたもので、中国人民と中国共産党の関係を離間するいかなる企みも無意味である」と強調しました。

 さらに耿報道官は、「健全な中米関係は両国の利益と一致するもので、国際社会が望んでいるものでもある」とした上で、米国の一部の人が冷戦思考とイデオロギー上の偏見を捨て、中国の政治制度に対する中傷や両国の正常な交流と協力活動を破壊するような行為を停止するよう呼びかけました。(朱 星)

コメント()

ラジオ番組
2月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍