【武漢応援】湖北で撮られた映画たち〜❻『黄金時代』

2020-05-02 09:41  CRI

 新型コロナウイルス肺炎の感染拡大で世界の関心を集めた中国・湖北省。1月23日に世界で最初にロックダウンを実施した省都・武漢市で4月8日、実に2ヶ月半ぶりに封鎖措置が解除されました。これに伴い、全省での封鎖措置もすべて解除され、省内は徐々に日常を取り戻しています。
 旅行に行けるのはまだ先になりそうですが、映画を通して湖北省の魅力を感じることならできます!この特別企画では、湖北省内各地でロケが行われた映画作品をご紹介します。

File 6 黄金時代(原題同じ)
~ロケ地:湖北省武漢市~

图片默认标题_fororder_6-1

公開日:2014年10月1日
監督:許鞍華(アン・ホイ)
主演:湯唯(タン・ウェイ)馮紹峰(ウィリアム・フォン)
 
香港の女性監督、許鞍華(アン・ホイ)の2014年の国慶節に送り出した『黄金時代』。主演は、同年に韓国のキム・テヨン監督との結婚が話題を呼んでいた人気女優の湯唯(タン・ウェイ)と、『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪(原題:狄仁傑之神都龍王)』などの映画に出演し大活躍中であった俳優、馮紹峰(ウィリアム・フォン)。1930年代の中国民国時期が舞台で、自由を渇望する若者たちの愛をテーマに、激動の時代を生きた女流作家、蕭紅(シャオ・ホン)の人生を描いたものです。この作品は今年の第71回ベネチア国際映画祭クロージングフィルムに選ばれたほか、日本でも第27回東京国際映画祭や第8回京都ヒストリカ国際映画祭に出品されるなど、大きな注目を集めました。

图片默认标题_fororder_6-2
图片默认标题_fororder_6-3
撮影現場

图片默认标题_fororder_6-4
图片默认标题_fororder_6-5
映画のスチール

 本作では主人公、蕭紅(シャオ・ホン)の波乱万丈の人生をイメージして、黒龍江省や陝西省、上海市、四川省など全国各地での撮影が敢行されました。中でも、実際に蕭紅が名作小説『呼蘭河伝』の前2章を書き上げた町である武漢市でのロケは、この映画の中心的内容の一つとなりました。ロケ地の一つに、武漢の保護文化財として知られる咸安坊があります。元イギリス租界の咸安坊は商いの町として栄えた場所で、上海を思わせる石庫門風の建築群により現在は観光地として人気です。武漢は、蕭紅の人生と中国革命の歴史を見守ってきた町と言えるでしょう。(ミン・イヒョウ 謙)

コメント()

ラジオ番組
7月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰