武漢で集中実施のPCR検査結果が発表 1万人中0.3人が陽性の割合に

2020-06-02 20:20  CRI

 6月2日午後、湖北省政府報道弁公室は新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に関する104回目の記者会見を行い、武漢市で集中実施されたPCR検査の結果を説明しました。

 中華予防医学会社会医学分会の主任委員で、華中科技大学同済医学院公衆衛生学院の盧祖洵教授は席上、「5月14日0時から6月1日24時までに、武漢市は989万9828人に対してPCR検査を行った。その結果、症状の伴う症例はゼロで、無症状感染者は300人検出された。検出率は1万人に0.303人となった。また、1174人の濃厚接触者が発見されたが、そのPCR検査結果はいずれも陰性であった。現在は無症状感染者と濃厚接触者を隔離観察している」と述べました。

图片默认标题_fororder_夜2

 今回のPCR検査結果から分かったことは、回復者の中に無症状感染者が占める比率が極めて低く、無症状感染者から他者へ感染したケースは見つかっていないということです。

 武漢市の胡亜波副市長は、「集中購買によってコストを低減させた結果、検査にかかった費用は約9億元であった。これは武漢市政府が負担する。今回の検査によって、全国人民と武漢人民に安心がもたらされた」と述べました。(玉華、謙)

コメント()

ラジオ番組
7月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华