国家安全法制導入は香港の根本的利益に合致=外交部

2020-06-04 20:01  CRI

 外交部の趙立堅報道官は4日の定例記者会見で、香港への国家安全法制導入に関する全国人民代表大会(全人代)の決定と今後の全人代常務委員会による立法について、「その根本的な目的は国家の主権や安全と発展の利益を守り、香港の長期にわたる安定と繁栄を確保することにある。これは香港の根本的利益にとっても、国際社会の共通利益にとっても有益である」と述べました。

 このほど、全人代が香港への国家安全法制導入を進めることについて、一部の西側の国から懸念の声が上がっている一方、「これは国家の主権や安全と発展を守り、香港の繁栄と安定にもつながる正しいやり方である」と示す国もあります。

 これに対し、趙報道官は、「香港の祖国復帰後、『一国二制度』、『香港人による香港管理』、『高度な自治方針』が徹底されてきた。香港住民の権利と自由が法に基づいて保障されていることは、国際社会からも認められている」と述べました。さらに一部の国に対しては、「イデオロギー上の偏見や色眼鏡を捨てて、客観的かつ公正に中国の決定と立法を理解し、香港事務と中国の内政への干渉をやめるべきである」と促しました。(洋、星)

コメント()

ラジオ番組
7月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王洋