「心と心、手と手を携えて、感染症に立ち向かう」中日韓青年オンライン交流会が開催=北京

2020-06-19 17:40  CRI

 北京市人民対外友好協会、東京都日中友好協会、韓国プサン国際交流財団の共催による「心と心、手と手を携えて、感染症に立ち向かう」と題した中日韓青年オンライン対話交流会が6月18日に開催されました。

图片默认标题_fororder_IMG_1294.JPG
会場の様子

 中日韓の青年代表たちはテレビ会議の形で、感染症が続く中での国際交流をめぐり、それぞれの感想や経験を話し合いました。

图片默认标题_fororder_IMG_1246.JPG
中国人民対外友好協会北東アジア部副主任、中日友好協会の程海波副秘書長(左)

 北京会場では、中国人民対外友好協会北東アジア部の副主任で中日友好協会副秘書長を務める程海波氏が挨拶し、「三カ国の青年が、言いたいことを思う存分に言い合い、互いに学び合い、支え合い、守り合って、互いに助け合う青春の力を全社会に発信してほしい」と激励しました。

图片默认标题_fororder_日本 井上正顺
東京都日中友好協会の青年友好大使井上正順代表

 東京都日中友好協会の青年友好大使である井上正順代表は感染症対策について、日本の「3密」(密閉、密集、密接を避けること)を紹介し、感染拡大を予防する新しい生活様子が浸透してきているとの感想を伝えました。また、日中関係については、「こんな時だからこそ、多くの日本人と中国人を繋げたい。日中交流の歴史を途絶えさせてはいけない」と呼びかけました。

图片默认标题_fororder_交流画面

 これを受けて、北京市人民対外友好協会の高双進副会長は「『3密』という言葉を知り、私たちも参考になった。特に大都会である北京は人口密度が高いため、『3密』をしっかりと防ぐことは効果的だろう」と語りました。

 交流会の最後には主催側が、「中日韓の友好を継続させ、助け合いながら共に感染症と立ち向かうため、若い世代の知恵と勇気を引き出し、協力と交流を深めよう」と呼びかける「提議書」を発表しました。(取材:とんとん)

 

コメント()

ラジオ番組
9月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同