映画化待望中の『三体』、遂に監督が決定

2020-07-06 11:28  CRI

图片默认标题_fororder_2-1

 日本でも刊行され話題となった劉慈欣(りゅう・じきん)の長編SF小説『三体』(日本では早川書房より2019年に刊行)、中国国内では舞台化やコミカライズの動きが先行されていますが、待望の映画化にも注目が集まっています。
 数年前から企画中の同実写映画化ですが、最近になり遂に監督が決定!日本上映も果たしたアニメ映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック(原題:西遊記之大聖帰来)』(2015)の田暁鵬(ティエン・シャオポン)監督がメガホンをとることが明らかになりました。また、制作は田暁鵬監督が在籍している制作会社「十月文化」が手がけることに。同社にとっては初の実写映画となります。 
 『三体』は、2006年5月から12月まで、中国のSF雑誌『科幻世界』で連載され、2007年に重慶出版社によって単行本が出版されました。その後、「地球往事三部作」シリーズとして2作目の『三体II:黒暗森林』が2008年5月に、3作目の『三体III:死神永生』が2010年11月にそれぞれ出版されました。タイトルの「三体」とは、ニュートン力学にある古典的な三体問題に由来するもので、ストーリーは異星人「三体星人」と地球人との戦いを中心に展開されます。中国で計50万部以上を売り上げたこの作品は、2014年11月に英訳版が出版され、海外でも数多くのSF賞にノミネートされるなど高い評価を得ています。
 なお、田暁鵬(ティエン・シャオポン)監督の映画作品としては、海底の世界を旅する少女を中心にした新作アニメ映画『深海』が2020年内に公開される予定です。(ミン・イヒョウ 謙)

 

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰