おおよその姿を現した雄安駅 河北省

2020-07-16 14:00  CRI

图片默认标题_fororder_117712092

 北京市と河北省雄安県を結ぶ都市間鉄道の雄安駅では13日、打放しコンクリート工事がほぼ完了した。現在は屋根部分の雨よけのひさしと高架層鉄骨構造の工事が秩序よく進められている。雄安駅は京雄都市間鉄道で規模が最も大きい新規建設鉄道駅で、河北省雄県中心部の北東に位置し、雄安新区初期エリアからの距離は20キロメートル。北京市・香港地区・台湾地区を結ぶ京港台高速鉄道、京雄都市間鉄道、天津市と雄安新区を結ぶ津雄都市間鉄道の3本がこの駅を通過する。駅の総規模は、プラットホーム数が11、番線数が19ある。建築総面積は47万5千平方メートルで、サッカーコート66面に相当し、その規模は中国全土の高速鉄道駅でもトップクラスに入る。人民網が伝えた。(編集AK)

 「人民網日本語版」より

 图片默认标题_fororder_678253106

 

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同