老舗の薬局がカフェに? 「北京同仁堂」の新たなビジネスモデル

2020-07-24 10:24  CRI

老舗の薬局がカフェに? 「北京同仁堂」の新たなビジネスモデル_fororder_1

7月22日、北京市朝陽区双井近くにある「同仁堂知嘛健康」で、中医薬を調剤する店員(撮影・侯宇)。

 「同仁堂知嘛健康」は、中医薬の老舗「北京同仁堂」傘下に新しく誕生した小売店。店内には、従来から設けられている問診に基づく中医薬の調剤や販売のほか、コーヒーやパンも販売しており、半セルフサービス方式で健康食品を購入することもできる。中国新聞網が伝えた。「人民網日本語版」より

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅