中国の火星探査機「天問1号」、地球と月を撮影した画像を送信

2020-07-29 13:42  CRI

 中国国家宇宙局が明らかにしたところによりますと、中国の火星探査機「天問1号」の飛行状態は良好で、燃料バランス、作業状況ともに正常だということです。地表の観測と追跡は安定しており、飛行コントロールとデータの受信もスムーズで、各作業が順調に進められています。探査機は現在、地球の重力圏を離れ、惑星間軌道に到達し、地球からの距離は150万キロを超えています。

 北京宇宙飛行制御センターの飛行制御チームと中国空間技術研究院の実験チームは27日、緊密に協力し、「天問1号」探査機が地球から120万キロ離れたところでレンズが地球を向くよう制御し、地球と月の姿を1枚の画像に収めました。画像では地球と月の大きさが異なりますが、いずれも新月の形をしており、広大な宇宙の中で見守り合っているかのようです。(玉華、多部)

コメント()

ラジオ番組
9月22日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华