TikTok規制、米の本当の動機は?=欧州

2020-08-05 12:42  CRI

 トランプ米大統領はこのほど、中国の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、9月15日までに米国企業への買収に応じない場合、米国内での事業を禁止する考えを示しました。それを受けて、欧州からも批判や疑問の声が相次いでいます。

 トランプ大統領からの圧力を受け、TikTokの親会社である字節跳動(バイトダンス)は声明を発表し、TikTokの本社を米国以外の場所に設置することを検討していると明らかにしました。これについて、英国のメディアは、設置場所はロンドンになる可能性があり、同計画を政府が認めたと報じています。

  英国政府の報道官は、バイトダンスが本社の場所を決めるのは同社のビジネス上の決定であるとし、英国は経済成長や雇用機会を支える投資に対してオープンで公平な市場を提供すると明らかにしています。

TikTok規制、米の本当の動機は?=欧州_fororder_C-2

 TikTokで卒業生にお祝いの言葉を送るフランスのマクロン大統領

 TikTokはわずか数年間で世界的に流行し、特に若者の間では、フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスを超える人気ぶりです。フランスのマクロン大統領は先月、TikTokアカウントを開設して動画を投稿し、高校の卒業生にお祝いの言葉を送りました。このような成功事例は米国ではなかなか受け入れられないもののようです。

 フランスのアルストム元幹部のフレデリック・ピエルッチ氏は、著書「アメリカの罠」(Le piège américain)で、米国政府が外国のライバル企業を攻撃する内幕を、実体験として暴露しています。ピエルッチ氏は、米国が国内の法律を利用して経済戦争の武器にするのは、外国のライバルを弱めるための常とう手段だと指摘し、より多くの中国企業に対して警戒を呼びかけるとともに、すべての国に対しても米国の覇権に抵抗するために団結するよう呼びかけています。(閣、柳川)

コメント()

ラジオ番組
9月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁