ファーウェイの市場シェアがアップルを追い抜く

2020-08-06 14:19  CRI

ファーウェイの市場シェアがアップルを追い抜く_fororder_FOREIGN202008061044000344980155067

 モバイルインターネットのビッグデータを手がけるクエストモバイル社は5日、2020年上半期の中国スマート端末市場インサイト報告書を発表した。それによると、華為(ファーウェイ)、小米、OPPO、vivoの中国4強は引き続き米アップル社に対する包囲網を形成し、アップルのスマートフォン市場シェアは21.6%に低下した。前年同期は23.5%だった。ファーウェイはアップルを追い抜き、シェアは26.3%に達した。「北京日報」が伝えた。

 クエストモバイルのデータによると、2020年6月末現在、中国のスマート端末市場の局面が基本的に定まった。システムでは、アンドロイドとiOSのシェアが8対2になった。中国ブランドは4大ブランドが安定した状況を示し、ファーウェイはアップルを抜いてシェア26.3%を達成した。OPPOは19%、vivoは16.6%、小米は9%となり、前年同期に比べてやや低下した。サムスンはやや上昇して3.4%となった。

 ユーザーの年齢分布をみると、ファーウェイは25-40歳の割合が高く、アップルは41-45歳が優位性を保ち、vivoは25歳以下が突出し、小米は31-35歳が優位性を保ち、サムスンは46歳以上が急に目立つようになった。

 地域分布をみると、これまでの構造が引き継がれ、アップルは一線都市と二線都市で強く、OPPOとvivoは三線都市、四線以下の都市で明らかな優位性を誇る。「人民網日本語版」2020年8月6日

コメント()

ラジオ番組
9月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅