新型コロナウイルス感染症例、去年クリスマス前後にすでに米で発生か

2020-09-15 17:33  CRI

  米ロサンゼルス・タイムズ紙はこのほど、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の病院と診療所の医療記録に対する最新の分析で、新型コロナウイルスは2019年12月、すなわち中国が世界保健機関(WHO)に湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎について報告する前に、すでにロサンゼルスに存在していたことが明らかになったと報じました。なお、これまでアメリカで確認された新型コロナウイルスによる感染症で、最も早い確認は今年1月中旬でした。

 UCLAとワシントン大学の研究者は、当時咳の症状で治療を求めてきた患者数が目立って増えたと記録しています。この状況は2019年12月22日の週に始まり、今年2月末まで続いたということです。

 こうした患者は外来診療室または救急診療室で治療を受けましたが、その中の一部は最終的にロナルド・レーガンUCLA医療センターやUCLAが運営するその他の病院に移されました。

 UCLAのジョン・エルモ内科医は、2019年12月1日から2020年2月29日までの13週間に咳の症状で外来診療室を訪れた2938人と同症状により救急診療室で診察を受けた1708人、急性呼吸不全のため入院した1138人についての研究を行いました。その結果、前年の同じ時期に比べ、咳患者の人数が統計学的に目立って増えたことがわかりました。

 研究者は、「一部の患者は季節性インフルエンザが原因と見られ、また一部は去年発生した電子タバコによる呼吸器系の疾病との関連性があるが、その中に新型コロナウイルスによる感染者がいないとは断定できない。新型コロナウイルスが当時ロサンゼルスとその周辺ですでに広がっていた可能性がある」と指摘しています。(閣、浅野)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁