宮廷の金魚って?北京で特別展

2020-09-21 12:51  CRI

宮廷の金魚って?北京で特別展_fororder_写真0921-5
「宮廷金魚」を鑑賞する北京市民(2020年9月17日 北京市政府公式サイト提供)

 北京の労働人民文化宮では今月16日から「宮廷金魚」(昔、宮廷の中で飼育・鑑賞されていた品種の金魚)特別展が行われています。12の省・直轄市からの70品種・1200匹あまりの「宮廷金魚」が展示されており、25日まで行われます。

 特別展では、武漢の金魚のための専門エリアが設けられ、10の木製のたらいで武漢ならではの「猫獅」「真珠」などの品種を展示しています。「猫獅」は「オランダシシガシラ」の一種で、目と口が瘤に覆われ、猫に似た顔をしています。「真珠」は、鱗にカルシウムが蓄積されて、鱗の中央に硬い半球状の突起があり、真珠のように見えることからこの名が付けられました。

 北京は、中国の金魚飼育・鑑賞の発祥地の一つで、伝統的に金魚の養殖と鑑賞が行われてきました。故宮、天壇公園、北海公園、北京動物園などの旧王宮や公園で金魚の飼育と展示が行われていました。「宮廷金魚」は明の時代以降、紫禁城の中で養殖の専門家に飼育されたもので、最盛期だった清の時代には300種余りの品種があったということです。(鵬、坂下)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
齐鹏