ソーラー産業を発展させ貧困脱却=青海省

2020-09-21 17:21  CRI

 青海省はチベット高原の北東部に位置し、ソーラー産業を発展させるための独特な優位性があります。ここ数年は人材、技術、資金面などでの対策を行うことで、ソーラー発電の産業チェーンを構築し、経済や環境保護、生活の改善を実現してきました。

ソーラー産業を発展させ貧困脱却=青海省_fororder_G

 青海省海南チベット族自治州のタラタンへ行けば、ソーラーパネルの下を羊の群れが通っていく不思議な光景を目にすることができます。総投資額が3億4400万元(約53億円)に及ぶこのソーラー産業パークができたのは2018年末でした。砂や石の上に、ソーラーパネルが設置され、そのそばに高原植物が植えられました。ソーラーパネルを定期的に清掃する時には、使用後の水が流れ落ちて植物の生長が確保されることになります。

 タラタンのソーラー発電所は今年7月時点までに、累計で1億3000万キロワット時の電力を生み出しました。収入は9000万元(約13億8000万円)に達し、貧困村173カ所に平均57万元(877万円)の支援金を配布することができました。現在までに青海省全域でのソーラー発電収入は通年で8億8000万元(約135億円)に達し、うち5億7000万元(約88億円)を貧困対策に用いることで、7万7000世帯の28万3000人の貧困脱却を実現しました。この数字は同省に存在していた貧困人口の半数以上に相当します。(閣、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁