世界初の原子炉「華竜1号」が初めて臨界状態に

2020-10-22 17:14  CRI

世界初の原子炉「華竜1号」が初めて臨界状態に


9月1日、「華竜1号」を採用した世界初の中核集団福清原子力発電所の様子(画像提供・中核集団福建福清電子力発電有限公司)。

 中国が自主開発した第3世代設計「華竜1号」を採用した、世界初の中核集団福清原子力発電所5号機が21日15時9分、初めて臨界状態に達した。これにより、同ユニットは核分裂連鎖反応を維持できる状態に入り、竣工・操業開始に向けた重要な一歩を踏み出した。新華社が伝えた。

 原子炉における臨界状態とは、火力発電所ならば点火段階に入った状態と同じで、心臓にペースメーカーが装着されたようなものだ。臨界状態に達した後、核分裂の連鎖反応が、心臓の鼓動のように一定のペースで継続し、各分裂反応がバランスの取れた状態で保たれることになる。

 国家核安全局の認可を経て、華東核・放射安全監督ステーションによる詳細調査をクリアし、福清原子力発電所5号機は臨界状態を維持し始めた。ホウ素濃度の希釈と制御用制御棒クラスタの引抜き操作によって、原子炉は初めて臨界状態に達した。

 「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代の原子力発電技術を備えており、中国電子力発電界が世界に進出する上での「国の顔」となる。(編集KM)

 「人民網日本語版」2020年10月22日

コメント()

ラジオ番組
12月3日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳