広州 盲導犬の「クラウド飼育」モデルを打ち出し

2020-10-23 14:49  CRI

広州 盲導犬の「クラウド飼育」モデルを打ち出し_fororder_网3

横断歩道を渡る視覚障害者を手助けする盲導犬(CCTV提供)

 広州のある盲導犬サービスセンターは最近、盲導犬の「クラウド飼育」モデルを打ち出しています。

 中国の盲導犬訓練基地は、盲導犬として必要な適性を備えた犬が少ない上、人件費や高い経営費用などの課題を抱えています。その対策として、広州のある盲導犬サービスセンターでは、「クラウド飼育」モデルを打ち出し、市民からの寄付を増やすことで、経営難の緩和を図ろうとしています。

 センターは、月ごとに10元(約160円)を支払う飼い主に、ウイチャットなどを使って縁組した盲導犬の訓練中の写真や動画を送信してその日の訓練の内容や犬の様子などを説明するとともに、定期的ではないものの、飼い主と犬の面会日も設けています。また飼い主には基地の管理活動にも参与してもらいます。

 統計によりますと、どの国でも、視覚障害者の少なくとも1%が盲導犬を利用しています。中国の場合、2016年末の時点で視覚障害者は1700万人に達しており、少なくとも17万頭の盲導犬ニーズがありますが、実際に盲導犬として活動しているのは200頭に満たないのが現状です。

 

コメント()

ラジオ番組
12月3日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
朱丹阳