中日韓マッチング協力をサポートしていく=林・中国人民対外友好協会会長

2021-04-26 10:49  CRI

中日韓マッチング協力をサポートしていく=林・中国人民対外友好協会会長_fororder_QQ截图20210426104833

林松添会長

 山東省の複数の都市で開催されているイベント「中日韓マッチング協力発展in山東」に合わせ、中国人民対外友好協会の林松添会長は25日午後、済南市で3カ国のメディアを招き記者会見を行いました。

 中国人民対外友好協会と山東省政府の共催による「中日韓マッチング協力発展in山東」では、3カ国の代表が26日に孔子の故郷・曲阜を訪問する日程が組まれています。韓国メディアからこの訪問を企画した理由を聞かれ、林会長は「古代に生まれた儒家思想は、現代の人類文明の発展、社会的実践、国際関係に対しても指導的な意義を持っている。3カ国の企業、地方自治体の代表に儒家思想の精髄と魅力を感じてもらうとともに、3カ国政府と国民に『和』の精神を重んじ、共に困難を乗り越えるよう呼び掛けるのが目的だ」と説明しました。

中日韓マッチング協力をサポートしていく=林・中国人民対外友好協会会長_fororder_QQ截图20210426104904

記者会見の様子

 日本の記者から「中米関係が不安定な中、なぜ日本と韓国を対象とするイベントを開催したのか」との質問を受け、林会長は「『中日韓マッチング協力発展in山東』は、3カ国の企業同士、地方自治体同士の協力に場を提供するために昨年秋に企画したもので、中米関係とは関係がない。今回は中国の地方で初めてこのようなイベントを主催したが、とても良い効果が得られた。今後はこのようなイベントを一つのメカニズムにして、中国と外国の企業と中国の地方との発展のマッチングをサポートしていく」と述べました。

 さらに、中国メディアから、中日韓3カ国の世論調査で互いに対する好感度が低迷していることへの解決策を聞かれた林会長は、「好感度の低迷には歴史的な原因もあれば、現実的な原因もある。その背後には、国民同士の相互理解が不足していることや、一部の国の民意が政治化され、西側に毒されていること、世界の発展の大勢について理性的な正しい認識が欠けていることがある。3カ国の政府と国民が歩み寄っていけば、互いに対する好感度も上昇し、平和共存、共同繁栄の時代を迎えられると信じている」と話しました。(取材:斉鵬)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍