三星堆遺跡 文化財千点あまり新たに出土=四川省

2021-05-31 13:57  CRI

 謎めいた黄金の仮面が出土したことなどで知られる、四川省の三星堆遺跡。新たに出土した文化財の数が、5月末現在で千点余りに達しました。

 これらの文化財は2019年から2020年にかけて見つかったもので、祭祀に使われていたとみられる6つの長方形の穴から出土しました。金や玉や銅の装飾品、彫刻の施された象牙などがあるほか、最も面積が広く、出土品が多い8号坑からは、今から3000年前のものとみられる黄金の仮面の一部が出土しました。また、象牙に関しては、一番大きいものは直径15センチ、長さ1メートルに及ぶものも見つかっています。 

夏収穫の穀物 大規模な刈り取りが開始

夏収穫の穀物 大規模な刈り取りが開始

 北京大学の考古学チームの責任者によりますと、この8号坑の深さは2メートルあり、現在は1.1メートルの深さまで発掘作業が進んでいるということです。残された層にはさらに大量の象牙や大型青銅器などが埋っている可能性が高いとみられています。

 考古学チームは発掘作業と合わせて、8号坑から出土した破片と他の穴で出土したものとの関連性の解析にも力を入れているということです。  (Yan、謙)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕