中国共産党100年、時代に合わせた進化こそが生命力の源~西園寺一晃さんに聞く

2021-06-02 18:32  CRI

 今年7月1日に中国共産党は創立100周年を迎えます。これまでの100年間、国内情勢にも世界情勢にも大きな変化がありましたが、中国共産党は政権政党としてのバイタリティを力強く維持しています。東日本国際大学の西園寺一晃客員教授(79歳)はこのほど、CRIのインタビューに対して、「時代に合わせた進化こそが中国共産党の生命力の源泉だ」と示しました。

中国共産党100年、時代に合わせた進化こそが生命力の源=西園寺一晃_fororder_8ad4b31c8701a18b4d51ec7a621e84002838fe0c
西園寺一晃さん

 西園寺さんは、新中国が成立して間もない1958年に、当時の周恩来総理から「民間大使」と呼ばれた父親・西園寺公一氏の決断により一家で中国に渡り、北京で10年間を過ごしました。この経験から、中国共産党の歴史や政権運営の理念に強い関心を持ち続けている西園寺教授は、「時代の変化の中で、中国共産党は常に社会の主要な課題を的確に捉え、積極的に対応してきた。だからこそ政権政党としての力を保ち続けることができた」と指摘します。

中国共産党100年、時代に合わせた進化こそが生命力の源=西園寺一晃_fororder_d833c895d143ad4ba0af8e327933d9a7a50f067d
1960年代、西園寺さん一家と周恩来総理夫妻との記念写真

 西園寺さんはさらに、「新中国成立前は、侵略者を打ち破り、国家の独立と人民の解放を求めて、新中国を作るということが主な任務だった。ところが、新中国の成立後にその任務が変わった。一つは、冷戦を背景に西側諸国の封じ込めの圧力から独立と革命の成果を守ること。もう一つは、疲弊し立ち遅れた経済を復興させることだった。1970年代に入り、中国は国連での合法的地位を回復させ、米国や日本などの国々との国交正常化を相次いで実現させた。国際情勢の風向きが中国に有利になってきたことを背景に、中国共産党は改革開放を始め、経済に活動の重点を置き、世界が驚く飛躍的な発展を収め、人々の暮らしも豊かになってきた。こうしたプロセスからも、中国共産党が時代に合わせて速やかに調整と対応を行なってきたことがわかる」と述べました。

中国共産党100年、時代に合わせた進化こそが生命力の源=西園寺一晃_fororder_cc11728b4710b912e194e5c835cc7f0b9245226c
1960年代、北京大学在学中の西園寺さん(左から2人目)、先生・同級生らと頤和園にて

 また、冷戦終結後に多くの社会主義国家が崩壊した中で、中国共産党だけが政権政党としての地位を保ち続けている理由について、西園寺さんは「政権政党には三つの任務がある。それは、国の独立性と領土を守ること、人民の生命と財産を守ること、そして、経済を発展させて人民の生活向上を成し遂げることだ。新中国成立以降70年あまりの期間において、中国共産党はこの三つを全て守った。これが、中国共産党の国家と人民への貢献である。中国共産党は、マルクス主義を自国の実情と結びつけて実践し、新しい状況、新しい発展段階に対応可能な理論と実践を実現した。そのため、冷戦の終結に伴う多くの社会主義国家が崩壊する中でも、中国では社会主義が生き残ることができたのだと私はみている」との分析を語りました。

 原則を守りながらも、その時々の状況によって政策や戦術、戦略を変え、柔軟に対応することで、中国共産党の「哲学の勝利」はもたらされたのだと、西園寺さんは見ています。

 1958年、西園寺一晃さんは16歳で東京から中国に入りました。そして、北京で暮らす中で、共産党の最高指導者が労働者や市民と同じように人民大会堂などの建設に加わっている場面をその目で見たと言います。こうした青少年期の実体験に基づき、中国共産党と人民の関係性について西園寺さんは、「中国共産党の考え方は、人民に何かを与えるというものではなく、党は指導を行い、人民が自ら建設するというものだ。党は人民の上にあるのではなく、人民の中にあるというのが、中国共産党の伝統的な考え方だと思っている。その関係が崩れない限り、中国は健全に発展できるだろう」と語りました。

中国共産党100年、時代に合わせた進化こそが生命力の源=西園寺一晃_fororder_08f790529822720ea411f76c8ffa894ef31fab07
1970年代末、鄧小平氏と対面する西園寺一晃さん

 そう語る一方で、「物事には裏表がある」として改革開放による大きな成長の陰にある問題点についても触れ、「確かに、中国は輝かしい成果を収めた。しかし、発展の均衡性を失い、経済成長と権力との癒着による腐敗が生じてしまった」と指摘した上で、「だからこそ、科学的発展観と反腐敗運動が誕生した」と強調しました。

 中国共産党の今後については、「中国共産党は常にそれぞれの時代の主要な問題を理解し、対応してきたからこそ、中国には共産党が依然として力強く存在している。中国はこのまま行くと、あと10年、20年経てばさらに発展して中進国となり、先進国の入り口に立つだろう。その時の中国共産党にも引き続き、その時点の社会の主要な課題にしっかり取り組んで、改革を継続していてほしい」と期待を寄せました。

 取材の結びに、西園寺さんは「人類の歴史上、多くの『強国』が現れた。それぞれタイプは違っても、一つだけ共通点がある。それは、強国になった国は必ず対外侵略を行い、覇権主義を唱えるということだ。中国には、人類史上初の、豊かで強くありながらも平和的な国家となってほしい。中国共産党と人民にはこれを実現する能力があると、私は思っている」との期待を力強く語りました。

(聞き手:王小燕、写真提供:西園寺一晃、文責:王小燕、梅田謙)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕