米インド太平洋調整官の発言を批判=外交部

2021-06-09 22:00  CRI

 米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)の「インド太平洋調整官」であるカート・キャンベル氏が8日、「中国に最も多くのトラブルを作った国は米国ではなく、中国自身だ」と発言したことに対し、外交部の汪文斌報道官は9日の定例記者会見で、「事実を捻じ曲げ、世論を惑わす言論だ」と批判しました。

 汪報道官は、「米国は過去数年にわたり、誤った対中認識に基づき、とめどなく中国を抑え込み、粗暴に中国の内政に干渉し、中国の利益を甚だしく損なった。米国の現政権がやるべきことは、中国への非難中傷や前政権の誤った対中政策の弁解ではなく、自身を確実に反省し、過ちを正すことだ」と述べました。(鵬、Yan)

コメント()

ラジオ番組
6月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳